普段は旦那様がもらってくる給料の中でやりくりをしている主婦の人が一般的に多いと思います。その中でも少しでも予算額より余らせたい、残したいという気持ちがあるのではありませんか?

 

画像1

 

その時に主婦の人が考えるのが節約方法で、これを実行するかしないかによってお金の流れも随分と変化してきます。

 

今回はもっとも節約しやすいと言われる下記の点について、どういった方法があるのか調べてみました。

 

Sponsored Link

 

食費や光熱費の節約方法

 

 ・スーパーに毎日買い物に行かれる主婦の方も多いと思いますが、こういった人はクレジットカードではなく現金でもポイントがつくカードがあれば作りましょう。毎日通っていれば相当なポイント数になりますね。

 

 ・安いスーパーをはしごしている人も多いのではないでしょうか?こういう時はいらない物まで購入しまいがちなので注意が必要です。

又、自転車のかごに荷物を積んだままにすると盗難の恐れもありますので、気をつけておきましょう。

 

 ・重い商品を購入する時はネットスーパーの活用が便利です、家まで宅配してくれるだけでなく普段車でお買い物に行かれる方にとっては、ガソリン代も浮かせる事が出来ますね。

 

画像2

 

 ・夏と冬は光熱費の節約が難しいといわれる季節に入りますが、夏は日よけや扇風機を上手に使う事でエアコンの消費も抑えられます。

 

冬は家の中であっても衣類を多めに着込んだり、暖房機の設定温度を少し上げる事も効果があります。お風呂やキッチンのお湯を出しっ放しにしないように気を使うとガス代も抑えられますね。

 

参考動画YouTube⇒節約自分でやれば節約お得!クーラー清掃

 

 

夏の冷房に関しては一気に冷やして、温度設定を28℃にすると結構節約になるようです。

 

 ・冷蔵庫は弱の設定で開閉を減らすためにホワイトボードなどに中に入っている食材をメモしておくと便利

 

 ・コンセントはこまめに抜き差しを行い、旅行などで留守にする場合は電気を元から切っておくのもいいでしょう。

 

 ・お風呂は家族全員が時間を空けずに入る事で、追い炊きしなくてよくなりかなりの効果が期待できます。

 

 ・水道代については食器・洗濯物などはなるべくまとめ洗いに徹します。水を出しっぱなしにしない事が一番重要といえるでしょう。

 

 ・1ヶ月ごとに光熱費を記録しておくと、どれ位の変化があったかもわかりやすいですね。

 

 

うまく続けるコツは?

 

 

 ・初めは無理をせずに少しずつ始める事が長続きの秘訣です。

 

 ・自分のご褒美や家族のご褒美などにすると周りも自然と節約に協力してくれると思いますが、溜めて使ってばかりでは意味がないので2度に1度は貯金するなどメリハリをつけましょう。

 

何かを始める時によく言われている事だと思いますが、気が緩むとどこか抜けて忘れがちになるので常に意識していきたいところです。

 

光熱費や食費の節約レシピなどは、本などにも多数掲載されているので自分に合った方法を探してみると良いですね。