a0027_000313

夏も真っ盛りになり、台風の発生が多くなる季節。これから秋にかけて日本にも接近することが多くなってきます。

 最近の台風は雨風共に勢力も強く、事前の対策が大切です。早めに取りかかって、被害を少なくしましょう!

Sponsored Link

 まずはベランダの対策をしよう

 ベランダに物干し台やプランターなどの植物を置いているところは多いのではないでしょうか。

「このくらい大丈夫かな?」と思っていても台風が通り過ぎた後に見てみると、悲惨な事になっていることも……。

台風が接近する前に室内へ運び込んで、ベランダにあるものたちを避難させましょう。

 

 窓ガラスの対策をしよう!

 a1840_000004

次に心配なのは窓ガラス。1番楽で簡単にできるベランダの台風対策としては、雨戸を閉めてしまうこと。自宅に雨戸が付いている家ならば、雨や風が強くなる前に閉めてしまった方が安心です。

 あまりギリギリになって閉めようとすると、室内に雨が入り込んだり風が吹き込んだりしてしまうので、早めに行っておきましょう。

 雨戸がなくて窓ガラスが心配という人は、ガムテープや段ボール、ビニール袋などを使って、応急処置を。

隙間が出来ないようにテープで目張りをして、万が一ガラスが割れても大丈夫なように、段ボールやビニール袋で内側からガラス前面を覆うのも効果的です。

 こちらも参考にしてみてください。参考動画⇒台風発生時に気をつける事 窓対策

 

 停電にも備えておこう!

 072093

 

ベランダ以外で台風対策で見落としがちなのが、停電。台風の接近で雨や風が強くなると、停電してしまう場合があるのです。

そうなると灯りをつけることはもちろん出来ないですし、テレビなども使えないので情報収集が困難になります。対策として、以下のものを揃えておくと安心です。

 

懐中電灯やろうそくなどの灯りになるもの

ラジオ(電池で動くもの)

火がなくても食べられる非常食

 台風が通り過ぎるまでの一時的なものなので、食糧などは大量に必要になることは考えにくいですが、いくつか置いておくと安心です。

 また、最近は雨による被害が大きくなってきていて、情報を得ることが非常に重要になってきます。電池が使えるラジオが1台あると、その他の災害対策にもなるので準備しておくとよいでしょう。

 

その際、電池が使える状態であるか(使い切っていないか、期限が切れていないか)は定期的にチェックも!

台風は、勢力や進路など予想を外れる場合もありますので、天気予報を見て「これなら、だいじょうぶ!」と思っていても、いざ近づいてみると予想以上の被害だった…!という場合もじゅうぶん考えられます。我が家は大丈夫と過信しないで、早めの対策を心がけたいですね。