8月も半ばになりましたが、まだまだ暑さが続きそうですね。近年は暑さが年々増してきていて、体調不良により吐き気や頭痛になってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

今回は残りの夏を元気に過ごすためにも、夏バテ解消法についてまとめてみました。

 

Sponsored Link

どうして夏バテになる?

 caeb831c9d9ee502ad01c6fdb85e8896_m

caeb831c9d9ee502ad01c6fdb85e8896_mcaeb831c9d9ee502ad01c6fdb85e8896_m夏バテの症状(吐き気や頭痛、だるさなど)を起こす原因は、自律神経の乱れが原因であると言われています。夏になると、外の気温は高いのに室内は冷房で冷えているということが頻繁にあります。

 

そんな気温差にからだをさらしていると、自律神経の機能が低下してしまい、夏バテを起こしてしまうのです。

 

自律神経は、私たちのからだの調子を保ってくれるのに重要な神経です。内臓の働きや血流、汗腺の働きなどを司っていて、それらの調節を行うことで環境の変化にからだが耐えられるようにしています。

 

この働きが、急激な気温の変化でうまくできなくなってしまうのです。

  

夏バテの症状とは?

 081888081888

夏バテの主な症状は、全身のだるさや疲労感、食欲の低下が主な症状です。しかし、これ以外にも注意すべき症状があります。

 

それは、頭痛や吐き気です。頭痛や吐き気などの症状が出てくると、熱中症の可能性もあるので正しい解消法が必要です。

 

とくに気をつけなければいけないのが、吐き気。夏バテの解消法としては水分と栄養の補給が大切です。

しかし、気分が悪いと食事がなかなかできなくなるので、症状が悪化してしまう可能性があります。

脱水症状を起こす原因にもなりますので、早めに対処していかなくてはなりません。

  

夏バテ解消法!

a0002_004126_ma0002_004126_m

体調を正常に戻すための解消法として冷え対策が必要です。冷房の温度を28℃くらいで一定に保ち、冷やしすぎないこと。

オフィスや電車の中など、自分でコントロールできない場所にいるときは、カーディガンなどの薄手の上着や、靴下などで対策しましょう。

 

そして、こまめな水分の摂取が重要です。暑いとついつい冷たい飲み物を飲んでしまいがちですが、冷たすぎる飲み物は胃の負担になってしまいます。

 

また、水分補給に良いだろうとスポーツドリンクをたくさん飲むのも良くありません。スポーツドリンクには糖分が多く含まれていて、当分の摂り過ぎは疲労感を強くしてしまうので注意が必要です。

 

 夏バテの解消法としていいのは、経口補水液。最近はテレビコマーシャルでも見るので、知っている人も多いかもしれません。脱水状態のときの水分補給用につくられているので、他の飲み物よりも早い効果が期待できます。 

 

解消法には、こちらも参考になりますよ。夏バテに気をつけて

 

あまりに吐き気がひどく、水分をとるのもつらい、という場合には速やかに病院へ行きましょう。無理をせず速やかに治療を受けた方が早く回復します。