あなたは「営業マン」というどのような印象を持ちますか?当時、私が営業会社に就職したときは上司から「営業職は会社の花形であり、スターだ」と言われました。

 8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_m

会社の期待を背負っているがゆえに契約一つで一喜一憂することもしばしば。担当の対応一つで会社の印象も変わります。それでは、できる営業マンは一体何に気をつけて好印象を得ているのでしょうか?

もちろんある程度のセールススキルや技術を磨くことも大事です。しかし、それ以上にできる営業マン服装や髪型、身だしなみに気を付けている方が多いのです。

 

記憶に新しいのは『人は見た目が9割 (新潮新書)「理論はルックスに勝てない」竹内一郎著』が100万部を超えるベストセラーになりました。取引先、上司に好印象を与えるということはやはり大事で成果に繋がることなのです。

Sponsored Link

 

できる営業マンの髪形とは?

 016723

最近は、おしゃれな営業マンも非常に増えてきました。とくに髪形に関しては最低限おさえておくポイントがあります。

 

ここでは、できる営業マンの髪型、好印象を与える髪型についてご紹介します。清潔感と仕事が出来そうな印象を与えることを念頭におきましょう。

 

参考Youtube(2014年ビジネスヘアスタイルコレクション) 

 

おでこを出す髪型がお勧め

可能であれば、おでこは広く出すと良いと言われています。おでこを髪で隠すようなスタイルにすると、顔に影が出来てしまい暗い印象を与えかねないです。

 

広いおでこは相手に外交的、社交的な感じを与えます。相談しやすい雰囲気をつくるという面では、営業シーンにおいても有効ではないでしょうか?

 

前髪のある人は七三分けにするではありませんが、髪の毛を分けておでこに影を作らない髪型にしてみましょう。

 

もみあげに関しては

 

もみあげもあくまで一例ですが、耳の周りは伸ばさないのがお勧めです。もみあげは短くすっきりと仕上げると、さわやかなイメージを与えることができます。

 

男性においてはやはり清潔感がとても大事です。すっきりとした好印象を与えることができます。

ここで髪型の注意すべき点は、ツーブロックまでなると行き過ぎの可能性があるという点です。個性も大事ですがどこまでが許容範囲なのか見極めていきましょう。

 

パーマはかけても大丈夫なのか?

 019631

パーマはとてもおしゃれです。個性も発揮できます。しかし職場からすると営業マンにとって、是か非を問われるヘアスタイルでもあります。

 

とくにお堅い雰囲気の会社や年配の取引先、お客様、上司に対しては悪い印象を与えかねないです。社外の方などと接触が多いのであれば、パーマは避けたほうが無難です。

 

また逆に、スキンヘッドに関しても相手に悪い印象を与えないように配慮することが大切です。話しかけやすい雰囲気かどうか、恐怖感を与えていないか、心がけるとよいでしょう。

 

男性の茶髪に関しても賛否が問われますので、清潔感を出すこと、襟足を伸ばさないことなど注意をした上で会社の方針を確認することをお勧めします。

 

天然パーマの場合はどうしたら良いのか?

 

髪型として仕方のない面もあるのですが、可能な限り相手に好印象を与える、仕事ができるという印象を与えることに専念するとよいでしょう。

 

髪はあまり伸ばさず、パーマを抑えて目立たなくすることもコツです。縮毛矯正を行うかどうかは、美容師さんだけでなく周囲の人の意見を聞いてみるのもよいでしょう。

 

以上、参考になりましたか?営業マンにとって大切なのはお客様への印象です。正解不正解はありませんが、大枠で抑えておいたほうがいいマナーはあります。一人で悩まず、見た目の話は周囲の人に聞いてみるのが一番です。