まだ暑さは続いているけれど、朝や夜は少しずつ涼しくなってきて、秋の気配も感じるこの頃。の味覚も徐々に店頭に並び始めます。

 illust398

いろいろな食べ物が美味しくなる秋の季節にピッタリで、お家で簡単に味わうことのできる、きのこパスタの簡単な作り方をご紹介します!

 

Sponsored Link

 秋の味覚といえば、きのこ!

a1180_012980_m

最近では、どの季節でもスーパーなどで見かけるきのこ。ですが、しいたけやしめじ、まいたけ、まつたけなど、多くのきのこの旬は9月から11月にかけてのです。

 

まつたけの出来や値段などは、ニュースでも話題になることがありますよね。

 

食べ物は、旬の季節に食べるのがいちばん美味しくて、栄養もあります。しかも、きのこはローカロリーで、ダイエットが気になる女性の味方でもあります。

 

いろいろな食べ物が美味しい秋だからこそ、きのこをたくさん料理に使うことで、カロリーの摂り過ぎ防止にもつながるかもしれません。

 参考記事⇒きのこパスタで味合う秋の味覚とは?

 こんなに簡単!きのこパスタをつくろう

263d22fc06cf18f4909f956ae705cdbb_m

お家でこったパスタをつくるのなんて面倒…と思われる方も多いのでは?実はそんなことはありません。意外と簡単に作れちゃいます。

 

休日のお昼にぱぱっと簡単に作れるような、きのこの和風パスタレシピのご紹介です!

  

お好きなきのこをたくさん(まいたけやえのき、しめじなど1/3パックずつくらい)

バター:10g

しょうゆ:小さじ1杯くらい

だしの素:小さじ半分くらい

パスタ:1人前(100gくらい)

にんにく:1かけ(なければチューブでもOK)

 

①    きのこは石づきなどをとってほぐしておきます。

②    パスタは少し固めにゆでます。

③    パスタをゆでている間に、刻んだにんにくを油で炒めます。香りがしたら、①のきのこをしんなりするまで炒めて、塩を少々ふります。

④    お玉1杯より少ないくらいのゆで汁を③へ入れて、ゆであがった麺を絡ませます。そこに、バター、しょうゆ、だしの素を加えて和えたら、完成!

 

これだけでも十分美味しいのですが、もしも余裕があれば、刻んだ海苔や大葉、ねぎ、皮を外したたらこを添えたりすると、更に美味しくなります。

 

きのこを炒めるときに、ベーコンやツナを入れてもいいでしょう。三つ葉を添えてもいいですね。おなじ和風パスタでも、添えるものや入れるものを変えるだけで、何種類も楽しむことが出来ます。

 

味の濃さや使う食材を変化させて、自分オリジナルの和風きのこパスタをつくってみてはいかがでしょうか。

 

きのこパスタの作り方は、こちらの動画も参考になります。

  

これからどんどん美味しい旬の食べ物が出てくる季節です。お家で簡単に作れるレシピで、秋の味覚を存分に満喫しましょう!