現代社会では、普通に生活するだけでストレスになる事ばかり。

原因は人によって様々で、対人関係や仕事に関する事、家庭内や近所付き合い、友人や恋人との関係と数えればキリがありませんね。

ただ我慢するだけでは、精神的にも肉体的にも病気を起こしかねませんので、原因を把握して対策する必要があります。

今回はそんな職場で起こりうる、ストレスの原因と対策についてまとめてみました。

Sponsored Link

職場内ストレスで起こりやすい原因は?

082979

仕事でも職種や立場によって、精神的に受けるダメージの種類も変わってきます。

事務系など社内でずーと仕事をされている方は、隣いる同僚や上司と常に関わらないといけないので、その日だけではなく、先の事を考えて発言や行動を取る必要があります。

営業職の方であれば、職場に居る時間は少ないかも知れませんが、先方の顔を伺う事や交渉の際にかなりの神経を遣いますし、成績が上がらなければ上司からの圧力にも耐えなければいけません。

また管理者なら、部下からの意見や対応、会社からの期待と挟まれる立場なので、常にストレスとの原因に立ち向かわなければいけませんね。

こう見ると職場ストレスの原因には、ほぼ人が関わっていてどう対人関係を良くするか?が肝になるようです

 

人間関係を良くする対策を考えてみよう!

000014

ストレス対策としては、まず職場内の人間関係を良好に保つ事が重要になってきます。

嫌な上司からイヤミを言われたり怒鳴られる事、同僚からの陰湿な行為(陰口や無視される)などの行き過ぎた行為だけでなく、人というのは他人との会話や作業をするだけで精神的ストレスを受けてしまいます。

本人が苦痛と思っていなくても、自然に言葉を選んだり相手に合わせている面もあるので、精神的な疲れとは切り離せません。

対策としては「相手の話をしっかり聞く」若しくは「逆に相手にしない」の二つが有効な手段となります。

前者のやり方ですと嫌な人間に対しても、話をしっかり聞く事で相手の意図や期待する反応など、どう受け答えすれば良いのかが見えてきます。

ここを意識して職場コミュニケーションを取っていくと、会話のやりとりが楽になるのでストレスも軽減されます。簡単にはいきませんが、意識して継続すれば効果が出やすい方法です。

後者の「相手にしない」やり方ですが、これはどうしてもという時の対策になります。ただ相手の言う事を無視するのではなく、軽く聞き流す事でこれ以上自分との接点を増やさない方法です。

また、そういう相手には自分の事や、職場で必要な事以外は話にかけない事が重要ですね。

 8fb80470f74b44a63263a894fea43729_s

どうしてもその場で原因を解決できないのなら、職場外でストレスを発散する事も大事で、休日は仕事の事を極力考えずに趣味や楽しめる事に集中するのも良いですね。

現代ではストレスから来る病気も物凄く増加していますので、回避出来る事を一つずつ見つけていく事が必要です。