春に猛威を振るう花粉症、実は秋にも花粉が飛んでいて私達の生活に影響を及ぼしているのを知っていますか?

夏も終わりそうな頃に鼻水やくしゃみ、目のかゆみがなぜ止まらない?と思ったら、の花粉症の可能性が高いです。朝晩が肌寒くなる季節なので、風邪と勘違いしてしまいがちです。

花粉の時期と違うので、対策もされていない事も多く電車などでの、急な鼻水やくしゃみに困りますよね、今回はそんな秋に起こる花粉症の原因と対策についてまとめてみました。

Sponsored Link

秋は何花粉が原因?

080072

春に飛ぶ花粉には「スギ」「ヒノキ」が有名なところで、かなりの症状を引き起こします。次に夏は、殆どの花粉が落ち着いている時期なので、問題の無い季節と言えるでしょう。

しかしなぜも起こります、原因となるのは「稲」ブタクサ」「カナムグラ」で、これらが時期はずれな症状、くしゃみや鼻水、鼻づまりを発症させるのですね。

秋のお米収穫を考えると「稲」が原因と言うのもうなずけます。「ブタクサ」や「カナムグラ」は雑草の一種で家の庭に迄生えているので、アレルギーの方にとって厄介な草です。

いつ頃から花粉症対策が必要?

 2013.06

上記に挙げた秋の花粉ですが、いつ頃から対策していけば良いのでしょう?

これはなぜかどれも8月の下旬から始まり、10月中旬位には収まる傾向にあります。

まだ8月から9月は暑い気温も続きますので、マスクで対応すると暑さで蒸れて息苦しい面があります。

他の対策としては、病院へ行く」「市販の薬を飲む」風邪の強い日は外に出ない」「部屋の窓を開けずに花粉を家に入れない」「目薬を常備する」「こまめにうがいをするなどで予防しておくと安心ですね。

また、アルコールや睡眠不足も花粉症の症状を加速させる原因になりますので、お酒は控えて充分な睡眠を摂ることも大切です。

なぜ?くしゃみ鼻水のメカニズム

001762

そもそも、くしゃみや鼻水とはなぜ起こるのか、気になりませんか?

人の鼻の奥にはゴミやホコリなど、異物を体内に吸引しない為の粘膜があり、その粘膜が刺激を感じると反射的に外に出そうとします。

この体内の構造が花粉にも働き、くしゃみや鼻水を誘発してしまいます。厄介な事に、これは反射神経なので、自分で抑えることが出来ないのです。

これ以外に太陽を見るとくしゃみが出やすくなります、強力な光を目で感じても人間の反射神経が働くようですね。

 

最後に、花粉症が発症する原因として、花粉を吸い込んだ量にによって決まると言われています。

その量は個々によって違うので、一概にこれだけ吸ったら発症する。とは言い切れないのですが、それまで何も無かった人が、ある一定量花粉を体内にいれるとなぜか急に発症してしまうのです。

今まで花粉症と無縁だった人も、いつなるかわかりませんので他人事ではないです。

春だけでなく秋にも注意が必要な花粉症、事前にしっかり対策しておく事が症状温和に繋がります。