まだまだ暑い日が続きますが、7月ともなると、秋冬ファッションが気になりますね。

 

今年はどんなメンズスタイルが流行るか?

絶対買うべきおしゃれマストアイテムは何?

 

最近開催された、ロンドンと東京の秋冬コレクションから、今年のトレンドを占ってみましょう。

Sponsored Link

 

ロンドンコレクションは、クラシック&男らしいスタイルが主流

 

ミラノ、パリに先駆けて開かれるロンドンコレクションについて、メンズの人気雑誌GQ英国版でもトレンド特集が組まれました。 

 

  • レザージャケット:バイカージャケットや襟無しタイプなど。黒をすでに持っている方は、ブラウン、オリーブグリーン、オレンジを追加すると今年らしさが増します。

green

  • タートル:秋服には重ね着が主流。レザージャケットやミリタリージャケットーの下には、タートルネックのセーターがお約束。

 

  • ミリタリーアイテム: MA-1スタイルのジャケット、クラシックなトレンチコートなど、ミリタリーテイストのアイテムをスリムなパンツスタイルに合わせるのが今年風でおしゃれ。

 

  • オリーブグリーンとオレンジ:今年の流行色と言えば、この2色。黒、グレー、ブラウン、ネイビーなどの基本スタイルに、オリーブグリーンのジャケットをオン、あるいはオレンジのカーディガンをジャケットとタートルネックセーターの間にインするのが、今年らしくて秋服に最適。

 

 

東京コレクションに見る、秋冬のジェントルマン志向

 

4月に開催された、デザイナー吉井雄一とオオスミタケシが手掛ける「ミスタージェントルマン」のコレクションから、東京の流行もおしゃれチェックしてみましょう。

 

テーマとしては「男らしさの復権」が挙げられ、スタイリッシュで男らしいクラシックなメンズスタイルが主流のようです。

とはいえ、2014年の男らしさのイメージは、男臭い感じではなく、パンツはスリムあるいはショート、デニム素材やミリタリースタイルが好まれるクラシックなスタイルに見られるように、「スタイリッシュで、エレガントな男らしさ=新ジェントルマンスタイル」がキーワードのようです。

 

  • レザージャケット丈が短めの襟無しショートジャケットが主流。

 

  • ミリタリースタイル:フランス軍のジャケットやクラシックなMA-1スタイルにインスパイアされたジャケットスタイル。

金ボタンジャケットやトレンチもショートパンツに合わせて新鮮な印象に。

 

  • ツイード素材:ジャケットやパンツクラシックなツイード素材が多く見られた。

 

  • 大きめジャケットトレンチコート、ウールジャケット、ミリタリーコートなど、全てのスタイルがやや大きめが季節感の様子。

 

  • 鮮やかな色や柄とのコーディネイト:黒主体のスタイルに鮮やかな黄色のレザージャケットを合わたり、大きめのチェック柄のコート、シャツ、パンツをデニムスタイルやクラシックな黒x白のスタイルにコーディネートしたスタイルが多く見らました。

 

jacket

  • 異なる素材のコーディネート:黒一色でも、レザージャケットにフェルトのパンツ。ポリエステルとツイードを組み合わせたジャケットなど、フレッシュな印象。

 

“クラシックな男らしさ”では七三ヘアが復活!

 

ファッションスタイルでは、“クラシックな男らしさ”が2014年のメンズの流行ですが、東京でもロンドンでも共通して、髪型は秋服にも似合う7:3に分け、ぴったり撫で付けられたヘアが主流。

 とは言っても、ぴったり撫で付けたスタイルはいきなり試しづらいという方に、ヘアクリームを使ったトライしやすい、“ややぴったり7:3撫で付けスタイル”を動画でご紹介します。